手汗対策に食事療法が効くか?といった疑問をもつ方も多いようです。例えば、辛いものや熱いものを食べると、汗が出やすくなることは皆さんご存知だと思います。程度の差こそあれ、誰でもそういう事がありますが、特に顔に酷い汗をかいてしまうタイプの多汗症の方もいるようです。しかし、そのような直接的な作用以外にも、食事は様々な面で手汗に影響を及ぼします。肥満によって、手汗が増える人がいることでもわかりますよね。直接的に、食事が汗を出しているのではなくても、食事内容が偏っていることによって肥満になると、手汗が増えるといった事もあります。また、熱いものや辛いもの以外にも、汗をかきやすい食品というのがあるのです。それは、脂肪分の多い食べ物です。チーズやバターのような乳製品や脂肪分の多い肉類、揚げ物などは多汗症の原因となると言われています。それに、チョコレートやカフェインが含まれた興奮作用がある食べ物や飲み物も、発汗を促す作用があります。つまり、肥満を増長させるような食べ物は、手汗にも悪影響を与えるということですね。では、逆に、手汗を抑える効果のある食べ物はあるのでしょうか?実は、女性ホルモンには汗を抑える効果があると言われており、女性ホルモンと似たような働きを持つイソフラボンの効果も手汗には有効だと考えられています。イソフラボンが多く含まれている食品と言えば、大豆製品です。豆腐・納豆・味噌・豆乳などの大豆製品を積極的に取り入れることは、手汗対策に有効と言えますー